吉田式学習法

弊社の学習法は反転マスタリー学習

 
弊社の学習システムは反転授業を導入しています。反転授業とは、自宅で動画を見て知識をつけた上で、授業で応用問題に取り組み、問題解決能力を身につけます。
つまり、学習の習得順序が、「塾の授業➝自宅」から、「自宅➝塾の授業」と反転している学習法です。自宅で既に予習動画で学習しているため、授業中は、受講生同士がアクティブに会話をしながら、習得していきます。
 
更に、予習動画、確認テスト、復習テストを用いて、学習の過程で要する時間は異なっても、演習を繰り返してその課題が終わるころにはどの受講生もマスターできる学習法が完全習得学習(マスタリー学習)です。

反転マスタリー学習の必要性

忘却曲線

エビングハウスの忘却曲線では、人間の脳の「忘れるしくみ」を曲線で表しています。

覚えたことを、20分後には42%、1時間後には56%、1日後には74%、1か月後には79%を忘れてしまいます。つまり、ただ授業を受けただけで、授業を振り返る復習をしなければ、1日も経たないうちに学習したことの70%以上が頭から抜けてしまいます。

 

忘却曲線

エビングハウスの忘却曲線では、人間の脳の「忘れるしくみ」を曲線で表しています。

覚えたことを、20分後には42%、1時間後には56%、1日後には74%、1か月後には79%を忘れてしまいます。つまり、ただ授業を受けただけで、授業を振り返る復習をしなければ、1日も経たないうちに学習したことの70%以上が頭から抜けてしまいます。 

ラーニングピラミッド

学習の方法を、効果(定着率)に応じて並べたものです。「授業を受ける」から「教える」までの、7つの段階からなり、下段にいくほど学習の定着率が高いと考えられています。  
ただ授業を聞いているだけでは、学習したことの5%しか頭に残りません。重要なのは、どのようにして忘れにくくさせるかです。動画の視聴、授業内での議論、議論の中で説明する、授業後の演習、これを繰り返すことで、学習したことを確実に知識として定着させます。
 
効果的な授業、復習をしなければ、いかに質の悪い学習になるかが、ご理解いただけたでしょうか。

 

ラーニングピラミッド

 

学習の方法を、効果(定着率)に応じて並べたものです。「授業を受ける」から「教える」までの、7つの段階からなり、下段にいくほど学習の定着率が高いと考えられています。  
ただ授業を聞いているだけでは、学習したことの5%しか頭に残りません。重要なのは、どのようにして忘れにくくさせるかです。動画の視聴、授業内での議論、議論の中で説明する、授業後の演習、これを繰り返すことで、学習したことを確実に知識として定着させます。
 
効果的な授業、復習をしなければ、いかに質の悪い学習になるかが、ご理解いただけたでしょうか。 

反転マスタリー学習

予習動画 

授業で新しい単元に入る前に、あらかじめ新しい単元の基本や要点を動画で学習します。
予習動画は、オンラインで視聴できるので、自宅や通学途中でも、スマートフォンやタブレットで、いつでも・何度でも視ることができます。
 

確認テスト

予習動画を視聴した後、理解の程度を把握するために確認テストをWebで受験します。このテストの結果は、LMS(学習進捗管理システム)によって蓄積されるので、先生と受講生が共有したデータから、先生は受講生がどの部分でつまずいているかを把握することができます。このテストは、満点を取ることが目的ではありません。大切なのは、受講生自身が、自分がどこまでわかっているのか、また、授業で質問したいことを明確にすることです。
 

ライブネット授業

先生は、受講生が既に受験している「確認テスト」の結果を把握しているので、さらに深めてほしい課題や知識を交えながら授業を行うことができます。また、基本を予習したうえで授業に参加しているので、授業では、少し応用の問題に取り組むことができます。受講生が、予習してきた知識を利用して発言、議論することで、問題解決能力を高めることに重点を置いた授業になります。
   

復習テスト

どれだけ授業で学習しても、そのままにしてしまうと、いずれ忘れてしまいます。知識として定着させるには、学習したことの演習を繰り返す必要があります。

 

 

予習動画 

授業で新しい単元に入る前に、あらかじめ新しい単元の基本や要点を動画で学習します。
予習動画は、オンラインで視聴できるので、自宅や通学途中でも、スマートフォンやタブレットで、いつでも・何度でも視ることができます。
 

確認テスト

予習動画を視聴した後、理解の程度を把握するために確認テストをWebで受験します。このテストの結果は、LMS(学習進捗管理システム)によって蓄積されるので、先生と受講生が共有したデータから、先生は受講生がどの部分でつまずいているかを把握することができます。このテストは、満点を取ることが目的ではありません。大切なのは、受講生自身が、自分がどこまでわかっているのか、また、授業で質問したいことを明確にすることです。
 

ライブネット授業

先生は、受講生が既に受験している「確認テスト」の結果を把握しているので、さらに深めてほしい課題や知識を交えながら授業を行うことができます。また、基本を予習したうえで授業に参加しているので、授業では、少し応用の問題に取り組むことができます。受講生が、予習してきた知識を利用して発言、議論することで、問題解決能力を高めることに重点を置いた授業になります。
   

復習テスト

どれだけ授業で学習しても、そのままにしてしまうと、いずれ忘れてしまいます。知識として定着させるには、学習したことの演習を繰り返す必要があります。 

上記以外の「学習方法についてのご質問」はこちらをご覧ください。